足や靴下がくさい原因と対策!病気の可能も?

自分の足や靴下がびっくりするぐらいくさいことがありませんか?

外出先で靴を脱いだ時に、周囲にくさいにおいがわかってしまうのではないかとドキドキした経験がある人もいるでしょう。

足や靴下のくさいにおいになる原因があるのでしょうか?

もしかしたらくさいにおいは何かの病気のサインかもしれません。

原因を知って早めの対策を取りたいですね。

今回は足や靴下がくさい原因や病気との関係、そして対策方法をご紹介します。

【スポンサードリンク】

足や靴下がくさい原因

足や靴下がくさい原因として考えられるのは、汗と菌の繁殖です。

足の裏は身体の中でも汗をかきやすい部位です。

その上、靴下やストッキングなどでラップをしたような状態の上に靴まで履くのです。

ますます汗をかく上に通気も悪いことがわかります。

湿気を好む菌や古い角質などが混ざり、あの嫌なくさいにおいを発しているのです。

くさいにおいから病気として考えられるのは、水虫、多汗症、内臓疾患です。

内臓疾患の場合は、口臭も合わせてひどくなる場合が多いため、足のにおいだけであれば水虫や多汗症を疑いましょう。

足の裏だけに異常に汗をかいている場合は多汗症と診断されることが多いでしょう。

水虫になったからといってくさいにおいになるわけではなく、菌が繁殖するような湿り気のあるジメジメとした場所に水虫はできやすいため、くさいにおいと水虫を併発することがあります。

水虫や多汗症かなと不安を感じたらすぐに皮膚科を受診してください。

【スポンサードリンク】

対策法は?

・足を清潔に保つ

お風呂に入った時に足の指の間までしっかりと洗いましょう。

爪が長くないですか?

爪の間にゴミがたまるとそこに菌が入り込んで繁殖し、くさいにおいになったり水虫になったりする可能性があります。

爪の手入れも忘れずに。

・足用の制汗スプレーやクリームをつける

菌の繁殖を防ぐのに有効です。

スプレーにしてもクリームにしても完全に乾いた状態で靴下や靴を履くようにしましょう。

湿った状態では、菌の温床の地になってしまいます。

・靴の手入れをする

1足だけを履き続ける人もいると思いますが、靴にとってもよくありません。

湿気を含んだ靴を履き続けると足に汗をかく前から湿気ています。

足にとって良い状態とは言えません。

2足から3足程度を準備し、交代に履くようにしてはいかがでしょうか。

1日履いた靴は中に新聞紙を詰めたり、お菓子などについてくる乾燥剤を入れておくだけでも湿気をとることができますので、オススメです。

・靴の素材も気を付ける

靴は様々な素材のものがあります。

皮もあれば合成皮革のものもあります。

皮は通気が良いのですが、合成皮革はビニール素材ですので通気が悪くなります。

素材を皮にするだけでも足への影響が変わりますのでお試しください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ