寝起きの口臭の原因と予防方法!寝起きの口臭を治療しよう!

寝起きに口臭が気になる方、いませんか?

寝起きの口臭は何が原因なのでしょう?

そして自分でも気づくほどの口臭であれば、寝起きの口臭予防に何か方法を考える必要があるでしょう!

今回は、そんな気になる寝起きの口臭の原因、予防・治療方法を見て行きたいと思います。

実は寝起きの口臭には明確な原因、そして的確な予防方法・治療方法がありますのでご紹介したいと思います。

それでは寝起きの口臭の原因、予防・治療方法を見ていきましょう!

【スポンサードリンク】

寝起きの口臭の原因!

予防方法をご紹介する前に、寝起きの口臭が強い原因についてご紹介します。

寝起きの口臭のよくある原因として以下のような原因があげられるでしょう。

原因① 唾液が少なくなる

元々口の中には多くの細菌があり、唾液で食べかすなどと共に流されたり、死滅させられています。

寝ている間は唾液の分泌が抑えられてしまい、細菌が繁殖しやすい状態となり、結果寝起きの口臭の原因となっています。

また寝ているときは口を動かさないので、唾液の流れも止まってしまいます。

その結果、口の中で細菌や食べかすを持った唾液が溜まってしまい寝起きの口臭原因となるのです。

原因② 食後の細菌が最も増える8時間を迎える

夕食をとってから3時間で細菌が徐々に増えていき8時間で最も増えるといわれています。

きっちり、歯磨きを行わないと、睡眠を取っている最中に8時間を迎えることとなり、口臭をひどくさせてしまうと考えられています。

寝起きの口臭予防方法!

次に、これら原因をふまえ、寝起きの口臭を予防する方法についてみてみましょう。

予防方法① 歯磨きを念入りにする

はやり口臭の一番の原因は、口の中を清潔に保たないことが原因です。

食べかすや細菌をなるべくなくすように、就寝前の歯磨き念入りに行いましょう。

歯磨きのついでに歯ブラシで構いませんので、舌苔も優しく取り除くようにしておきましょう。

糸ようじや、マウスウォッシュを利用すれば更に効果を高められるでしょう!

予防方法② 口呼吸から鼻呼吸へ

寝ている時に口呼吸をすると口の中が乾燥し、細菌が繁殖しやすくなります。

出来る限り鼻呼吸をするようにする方法を考えましょう。

ドラッグストア等で口呼吸防止テープを購入できますし、歯科で鼻呼吸トレーニングをすることもできます。

【スポンサードリンク】

治療について

歯磨きなどをきちんとしても口臭がひどい場合、もっと根本的な原因が潜んでいる可能性があります。

口臭の原因のひとつとして考えられるのが口腔内の病気のトラブルです。

下記にあげる治療をすることで口臭が軽減される場合もあるようですので、心当たりがある方は一度歯科を受診してみてください。

①歯周病や虫歯がある

進行している歯周病は歯科でしか治療ができませんし、虫歯も同様です。

歯科での治療をオススメします。

虫歯や歯周病を放置すると、口腔内が不衛生になり、口臭の原因となります。

②親知らずの抜歯

親知らずは、まっすぐに生えてくることが少なく、ななめや歪んでいる場合が多いです。

そのため食べかすが溜まりやすく、口臭の原因となります。

その上、虫歯に発展しやすいといわれており、更に口臭を悪化させる原因にもなりかねません!

親知らずの抜歯の必要性の有無を含めて歯科で診察を受けておきましょう。

まとめ

やはり、最も大事なのは口の中を清潔に保つことでしょう!

定期的に歯医者へ通い定期検査をしてもらうのも良いかもしれませんね。

ぜひこれを気に、口の中について出来ることを見直してみましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ