アルコールアレルギーの症状!湿疹喘息が出る人は病院で診断しよう!

お酒を飲みたくてもたくさんの量が飲めない、すぐに酔ってしまうという方も多いですよね。

しかし酔うだけではなく、湿疹や喘息などが出る人もいますよね。

なぜ、湿疹や喘息がでるのでしょうか?

もしかしたら、それはアルコールのアレルギー症状かもしれません!

具体的にアルコールのアレルギーの症状はどういうものがあるのでしょうか?

また病院でアルコールのアレルギー診断を受けることができるのをご存知でしょうか?

今回は、湿疹や喘息など、アルコールのアレルギー症状の例と病院でのアルコールのアレルギー診断の方法をご紹介します。

【スポンサードリンク】

アルコールのアレルギー症状と自分で出来る診断

病院で診断する前に、アルコールのアレルギーの症状について、簡単に学んでみましょう!

アルコールのアレルギー症状を引き起こす原因となるのが、アルコールに含まれているアセトアルデヒドという成分であるといわれています。

アセトアルデヒドはアルコールが肝臓で分解される際に発生する酵素です。

この酵素は脂肪細胞を刺激し、大量にヒスタミンを分泌させるのです。

この時分泌されたヒスタミンが体内で悪さをして、湿疹や喘息などのアレルギー症状を引き起こしているのです!

アレルギー症状としては以下の様なことが上げられます。

・唇や口の中がかゆくなる(飲酒の際にお酒に直接触れる唇や口の中がかゆくなる場合もあります)

・肌が赤くなる

・肌がかゆくなる

・じんましんや湿疹がでる

・下痢になる

・喘息がでる

アルコールはお酒として飲むだけでなく、例えば料理に使われていたり、洋菓子にも使われている場合も多いため、アルコールアレルギーがある人は気を付けた方が良いでしょう。

また、病院などで注射をしてもらう際にもアルコール消毒されますので、アレルギーがある場合は注意しておきましょう。

またアルコールは化粧品にも含まれている場合があります。

アレルギーの疑いがある人は、成分表示を確認して購入するようにした方が良いですね。

【スポンサードリンク】

病院でのアルコールのアレルギー診断の方法

病院でのアルコールアレルギーの診断方法としてはパッチテストというものを行うことが一般的です。

アルコールをつけた絆創膏のようなものを腕などの部分に貼り、一定時間放置しておきます。

一定時間が経過した後に絆創膏をはがし、赤くなっていたらアルコールアレルギーがあると判断されます。

また、直ぐに反応が現れず、10分から15分経過した後にはがした絆創膏部分が赤くなる場合もあり、その場合もアレルギー反応が出たと判断されます。

病院の中では内科やアレルギー科を受診すると良いでしょう。

アレルギー検査を実施していない内科もあるため、受診前に確認をしてから受診することをオススメします。

また、実は家庭でも同じような方法で、試すことが可能です!

エタノールなどを数滴、絆創膏に垂らし、腕などに10分程度貼り、赤くなっているか否かを見ることで判断ができるそうです!

お酒に弱いなと自分自身で感じている人は一度アレルギー検査を受けて、アレルギーの有無を確認してみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ