アナフィラキシーショックの原因や症状!ハチの種類が違っても発生するの?

ハチが活発化する時期になりました。

ハチに刺されることが原因で発生する、アナフィラキシーショックはご存知ですよね。

しかし、あなたはどのくらいアナフィラキシーショックについてご存知でしょうか?

実は、ハチによるアナフィラキシーショックは命を落とす危険性まであるのです。

ハチは身近な虫です。

出会ったことが在る方が大半でしょう。

そんな身近な虫が原因で発生する症状だからこと、詳しく知っておくに超したことはないでしょう。

ハチが原因で発生するアナフィラキシーショックについて以下の様な色々な質問を今回はまとめました。

・発生原因は、ハチに二回目刺されることなのか?

・症状は、ハチに刺されてからどのくらいの時間で症状が出るのか?

・何時間以内に病院へ行くべきか?

・頻脈などの症状の他にどんなことが現れるのか?

今回はこれら「ハチが原因で発生するアナフィラキシーショックについて」を詳しくご説明をいたします。

【スポンサードリンク】

※重要※ハチに刺されたら命を賭けた時間勝負

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、ハチに刺されたらほんの数10分で症状が現れてきます。

中でも15分以内に出るケースが一番多いのですが、症状が出るのが早ければ早いほど重篤化しやすいです。

アナフィラキシーショックというのはアレルギー症状が重篤化し、命の危険性を及ぼす症状のことです。

ハチアレルギーのある人がハチに刺されると刺された回数に限らず命の危険があります。

職業上屋外での作業が多い方やアウトドアが好きな方はハチに刺される前に病院でハチアレルギーがあるかどうか検査を受けたほうが良いでしょう。

というのも、万一ハチによるアナフィラキシーショックが起きた場合、心停止までの時間がたったの15分しか無いためです。

ハチによるアナフィラキシーショックの原因と症状

人生で初めてハチに刺されて直ぐにアナフィラキシーショックになる体質の方もいる一方で、二度目でもアナフィラキシーショックにはならずに直ぐに回復する方もいます。

しかし、2回目以降からはさらに注意が必要です。

初めて刺された時にハチアレルギーになってしまい、2回目に刺された時にアレルギー症状が出ることがありるのです。

発生する症状は蕁麻疹・嘔吐・むくみ・動悸や頻脈・息苦しさなど一般的なアレルギー症状と似ています。

その内の数パーセントの人がアナフィラキシーショックに陥ります。

確率としては10%程度だそうです。

以外に少ないですが、10%で命を落としえる、と考えると馬鹿に出来ない数値です。

アナフィラキシーショックに陥った場合、続けて頻脈・呼吸困難・意識の低下が現れ命の危険に曝されます。

2回目以降に刺されて無症状でも、3回目以降も同じとは限りません。

また、2回目以降に刺されたハチの種類が違ってもアナフィラキシーショックが発生する可能性もあります。

【スポンサードリンク】

出来るだけハチに刺されないようにする方法とは

ハチは警戒心が強いいきものです。

自分のすぐ近くにハチを見つけたら刺激をしないように気をつけましょう。

・黒い色はハチを刺激しやすいので、屋外に行く時はなるべく白い服を着用しましょう。

・花の香りが大好きなので、香水をつけている場合は注意したほうが良いでしょう。

・万一、ハチを刺激してしまったら400メートル以上距離が開くように走って逃げましょう。

ハチに刺された時の応急処置について

万一ハチに刺されてしまった時に、適切な応急処置をしなければ泣き面にハチ…となんてことに成りかねません。

すぐに応急処置にうつりましょう。

1 刺さった針から他のハチを呼び寄せることがあるため、姿勢を低くしてその場から10メートル以上離れる

2 針を振り払って落とし、傷口を清潔な流水で洗います。

※洗うことでアナフィラキシーショックの原因になる毒が体に回ることを遅延させることが出来ます。

3 抗ヒスタミン成分が配合されている軟膏を塗ります。

抗ヒスタミン成分の軟膏が無ければ、洗った後に速やかに皮膚科へ。

軟膏を塗ったとしても必ず皮膚科に行きましょう!

※応急処置する間もなく明らかに状態がおかしい場合(意識の有無、頻脈かどうか、呼吸が荒くないか確認する)はすぐに救急車を呼んでください。

まとめ〜ハチに刺された時点で体の異変に気をつける〜

ハチのアナフィラキシーショックを甘く見てはいけません。

ほんの数十分前までは、いつもと変わらない日常だったのがハチに刺されて命の危険にさらされる…。

こんな可能性を払拭するためにもハチに刺されたら状態をみて少しでも異変を感じたらすぐに救急車を呼んでください。

アナフィラキシーショック自体が危険なので、大袈裟と思わずに適切な判断をしましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ