アイスクリームに賞味期限がない理由!なぜ表示が無いの?

アイスクリームを食べるとき、賞味期限はどこだろう!と探したことはありませんか?

でも探しても表示がありませんよね。その理由はなんでなんでしょうか。

今回はそんな不思議に迫ってみたいと思います。

アイスクリームに賞味期限がない理由や表示がない理由などご確認ください。

【スポンサードリンク】

アイスクリームに賞味期限がない理由はどうして?

アイスクリームの外箱や賞味期限を探してもどこにも表示されてないです。

実はそれにはちゃんとした理由があるんです!

アイスクリームの場合は、保存方法が-20度以下で品質が大きく変化しないので表示の義務がないのです。

法律では、-18度以下で冷凍保存の場合賞味期限の記載の義務がないと記されているんです!

記載がされてない理由が納得できますね。

【スポンサードリンク】

アイスクリームは賞味期限がないけど、、最大保存期間は?

賞味期限のないアイスクリーム。

しかし実際どのぐらい保存ができるか気になりますね。

基本的には、冷凍庫の開け閉めがあまりなければ5年程度は大丈夫だと言われています。

もちろんこれはアイスクリームを未開封の状態に限る場合のみです。

空気に触れることが多かったり溶けてしまった場合はこの限りではありませんので注意しましょう。

なぜアイスクリームには賞味期限がないのに、冷凍食品にはあるの?

アイスクリームに使われる原料は単純な物ばかりです。

保存しても劣化しにくいことが理由と言えます。

アイスクリームに賞味期限がないのはその点になります。

それに対して冷凍食品の場合は、原料によって劣化の進むものが多いです。

油や材料などによっても酸化したりします。!

その為、賞味期限の表示がされているんですね。

とはいえ食べる前は少し気にしてみて!

アイスクリームに賞味期限がないとはいえ、食べ物です。

劣化しにくいとは言いますが、溶けてまた再冷凍した場合、風味等が変わっている場合があります。

その場合、腐った状態で再度固まった可能性もあるわけで。。。

完全に安全かどうかはわかりませんので、食べる前には確認をきちんとしてくださいね!

業務用など管理が徹底できるものであれば長期保存は可能ですが、家庭用冷凍庫の場合は開閉率も高いですので、この点に注意してくださいね。

特に食べかけのアイスクリームは、できるだけ食べてしまうようにしてくださいね。

アイスクリームの賞味期限が未表示なのは日本だけ!?

他の国では、表示がないのか気になりますよね!

アイスクリームの賞味期限の表示がないのは日本だけでなく他の国もありません。

アイスクリームの賞味期限表示がない理由は日本と同じとされています。

劣化の少ないものであり、単純な原料のみであるためです。

アイスクリーム購入時の豆知識!

お店でアイスクリームを購入するときにたまに霜がついているものがあるのを見たことはないでしょうか!?

霜がついたりしている場合は、冷凍庫の開閉があり水分がついたことにより起こります。

いわばアイスクリームが少し溶けたところで再度冷凍されているという形だということです!

そういう場合はアイスクリーム自体の風味も変わっている可能性もあります。

賞味期限はないけれど、食感などは変わっている可能性があると思ってください。

アイスクリームに賞味期限がない理由のまとめ

いかがでしたでしょうか。

身近な物で賞味期限のないものはありますが、理由がありましたね!

アイスクリームも賞味期限がない理由を頭に入れておき注意が必要なことが分かりましたね。

賞味期限の表示がないとはいえ、保存方法によっては、劣化したり痛むことがあるということを覚えておきましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ