骨盤を締める方法!産後の骨盤にはストレッチやヨガが効果的?

産後の悩みの中には、体型に関連したものも多いですよね。

なかでも、出産前と出産後の骨盤の状態は明らかに違っていて気になる方も多いのではないでしょうか。

開いている骨盤を締める方法を探している人も多くありませんか?

なんとか産後開いた骨盤を効果的に締める方法はないものでしょうか?

骨盤を締めるのに効果的な方法だとよく聞くのは、ストレッチやヨガでしょう。

しかしストレッチやヨガを行う方法は本当に産後に骨盤を締める効果があるのでしょうか?

今回は、そもそも骨盤が開いてしまう原因や仕組み、締めるのに効果的とされているストレッチやヨガの効果や簡単な手順をご紹介したいと思います。

先に言ってしまうと、ストレッチやヨガは骨盤を締めるのにとても効果的な方法です。

子育てで忙しいママでも、正しい方法でストレッチやヨガを行い、効果的に骨盤を締めるようにして素敵なスタイルを取り戻しましょう。

【スポンサードリンク】

骨盤の仕組みと、ゆがみについて

骨盤は、左右対象で蝶が羽をを広げたような形になっています。

出産前は、その左右の骨が中央でしっかり閉じられている状態(=恥骨結合)です。

赤ちゃんは、この恥骨結合と呼ばれている部分から出てくるため、出産を迎える頃に骨盤は最大限に開きます。

産後、すぐに元の状態に戻るわけではありません。数ヶ月かけてゆっくりと締めるように閉じていきます。

また、骨盤の開き方や戻る流れには個人差があり、左右対象に戻っていくとは限りません。

つまり・・・正しく締める方法を取らないと、産後は多かれ少なかれ、ゆがみが生じるということです。

それを考えると、ストレッチやヨガを行い骨盤を正しく締めるのがとても大切な方法だということが認識できますね。

ゆがみによって引き起こされる症状

●体型の変化
●尿漏れを起こしやすい
●便秘
●冷え性
●腰痛、肩こり

産後に長引く体調不良は、骨盤のゆがみからくる場合も少なくありません。

骨盤を締めるタイミングと方法

すぐに無理な運動をするのは禁物。

産後2ヶ月~6ヶ月が、ちょうどよいタイミングです。

骨盤を締める方法については、以下の様なものが上げられます。

●骨盤ベルト、インナー
●骨盤体操
●整体
●ヨガ
●ストレッチなどがあります。

ベルトやインナーは、あくまでも補助として考えましょう。

骨盤をキレイに締めるためには、ヨガやストレッチといった方法が効果的です。

【スポンサードリンク】

骨盤を締めるために効果的なヨガ

●ねじりのポーズ
腰をねじることにより、腰周りの筋肉が伸縮して活性化。ウエストのくびれにも効果があります。

●かんぬきのポーズ
骨盤周辺のストレッチ効果。骨盤の歪みを調整し、お腹のたるみも解消してくれます。

●三日月のポーズ
骨盤や股関節のゆがみに効果があります。また、婦人系の不調も改善してくれます。

骨盤を締めるために効果的なストレッチ

●膝寄せ
仰向けの状態で、息を吐きながら片方の足を胸の前まで引き寄せ、足が胸についたらゆっくりと元に戻します。左右同じように行います。

※骨盤の左右の高さを調整します。

●腰回し
足を肩幅に広げて立ち、腰に手を当てて上半身を動かさないように腰を回します。
右回り、左回り、それぞれ30回を目安に行います。

※フラフープを回すイメージ。骨盤のバランスを良くします。

まとめ

産後の骨盤ケア、いかがでしたか?

産後は心身ともにとても不調を感じやすいもの。ひとりで抱え込まずに、周りの人にも相談しながらケアするようにしましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ